今までのパーマと、ボリュームが出て簡単パーマのピエテとの比較

トリートメントパーマの<ピエテSH・newN>なら、パーマはとても簡単!楽しい!

piete1
      ノーキャップだとお客様はパーマを忘れます
放置
タイム
  ヘアダイ毛   
3分
  乾燥毛  
7分
  健康毛  
10分

※ダメージの程度によっては0分


piete2
   ピエテのクリニックの神髄は25分間のコーヒーブレイク
           25分
間のコーヒーブレイクで
                   クリニック完成
piete_hikaku03
ピエテSH・newNの形状記憶成分は、
ワインディング中にロッドの形状を記憶して、
ワインディング直後にウェーブが完成するケースもあります。
ピエテSH・newNの2剤の放置タイムは、トリートメントの仕上げタイムです。
ダメージ毛のトリートメントは、時間をかけて、丁寧にゆっくり形状記憶を固定して、ツルツル・コリコリとした健康な毛髪の感触になるまで放置をします。

施術後、毛髪表面に残留しているピエテを、アロマADシャンプーによって洗い流します。

このプロセスにより、ダメージ毛もトリートメントされて、施術直後から手触りの良い毛髪に仕上がります。

但し、シャンプーを髪に付けて洗うため、あまりもみ込まないで、簡単に洗うようにして下さい。
プロセス 今までのパーマ トリートメントパーマのPiEte SH・newN
前処理 PPT等の前処理剤を塗布 トリートメントだから不要
ワインディングローション 髪がしっかり濡れる程度(水巻もある) ドライヘアーが若干濡れる程度
ワインディング 一般的なワインディング パーマよりも若干細目のロッドを用いるが、セットの要領で巻く
スティック ゴムの跡が付かないように止める 不要
フェースライン保護クリーム パーマの1剤で肌が荒れないように塗布 不要
アクティブローション パーマがしっかりかかるようにタップリ塗布 不要
キャップ 体温を逃さないようにキャップをする 不要
プロセッシングタイム ダメージ毛5分前後健康毛15分~20分 ヘアダイ毛0分~3分、乾燥毛7分、健康毛10分
テスト 一般的なテスト法 ロッドを1本外して弾力でテスト
プレーンリンス 温湯でプレーンリンス 不要
中間酸リンス 中間酸リンス剤を塗布 不要
2剤塗布 5分 25分の1度付け
2度目の2剤を塗布 10分
ロッドオフ ロッドオフ ツルツル・コリコリが出ていたらOK、出ていなかったら5分追加
プレーンリンス プレーンリンス プレーンリンス
シャンプー 数日間はシャンプー厳禁 トリートメントパーマなので、その日にシャンプーができます
仕上 しっかりとセットする 手ぐし又は簡単なブロー