<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》

美艶のみで行う場合の基本マニュアル(工程表)

毛髪診断による [ モデルの髪質:乾燥毛・硬毛・染毛 ] 1液の放置タイム2分
<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》
(1) シリコーン除去
シリコンが付着して、かかりにくいと想定される健康毛に、<ケラティクルPTM>でシリコン除去をします
ケラティクルPTM
シリコーン除去の詳しいページへ
<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》
(2) シリコーン除去シャンプー
アロマADシャンプーでシャンプーします。
<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》
(3) <美艶>塗布
ワインディング前に<美艶>を塗布します。
<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》
(4) デザイン巻き
セットレスのデザイン巻きを行います。
*アクティブローションは不要。
<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》
(5) 保温キャップ
キャップをして2分間、自然放置後、テストカールを行います。
<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》
(6) 2剤塗布
<美艶>の2剤を塗布します。
5分間自然放置。
<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》
(7) オプション
過水2剤の促進剤<茶10>を使用。
7分間自然放置。
<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》
(8) チェック
ロッドオフ前のウェーブチェックを行います。
ツルコリが出ていないときには5分追加します。
<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》
(9) ロッドオフ
ロッドオフ前のウェーブチェックを行います。
<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》
(10) シャンプー
水洗後の状態。
<美艶>のみで行う《Hi-クリニック時短パーマ》
(11) 仕上げ
仕上げを行った状態です。

基本マニュアルに対応する髪質とパーマスタイル

今までのパーマ剤だと、シャンプーをしたら、
『指通りが悪い』『もっと艶と感触の良いパーマをかけたい』『シッカリしたリッジも出したい』・・・と、不満がありました。
<美艶><美力>なら、そのような不満が嘘のように解消されるパーマが再現できます。