ケアクリームの保湿成分として保湿力のある成分と名前だけの保湿成分

ケアクリームに保湿力を与える保湿成分はヒアルロン酸が知られています。
しかしヒアルロン酸は1gで水を6ℓも固めてしまう含水力のために、
低配合でなければ配合できません。
そのために乾燥肌を保湿する保湿力はなくて、名前だけの保湿成分です。
ケアクリームの代表的な保湿成分

・コラーゲン
コラーゲンは動物の骨、軟骨、真皮、じん帯に
含まれるタンパク質で
15種類以上の種類があります。

コラーゲンは高分子のために
シワには効果がありますが、
皮膚には吸収しないので、
保湿を目的としたケアクリームには不適?!


・セラミド
●皮膚の細胞膜に含まれるスフィンゴ脂質
●アレルゲンに対してバリアとして働きます
●1kg15万円と高価のために
 微量か配合できなく名前だけの保湿成分です


・ヒアルロン酸
●皮膚の軟骨や眼球に含まれるムコ多糖
●高分子のために皮膚に吸収しません。皮膚に吸収しないと保湿しません。
●名前だけの保湿剤でグリセリンで保湿しています。


・プロテオグリカン
29d3bc99193cb0b837fb8cc53f050ae5
コアタンパク質に多糖類(ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸等)
が側鎖として付いた複合多糖

●高分子のために皮膚に吸収しません
●皮膚の表面に張りを出します
●1kg40万円と高価のために名前だけの保湿成分です

※高価な成分なので微量しか配合できず名前だけでは?!


・スクワラン
c5cd5ea03f718e8511b622251d8752de
ヒトの皮脂に12%含まれている油成分
シルラクリームに10%配合

皮膚への浸透力と保湿力に優れ!
皮膚の表面で保護膜を作り

紫外線から肌を守り、保護効果
と保湿力に優れています!!


・グリセリン
1kg250円の安価な保湿成分のために
ヒアルロン酸/セラミド/プロテオグリカンを保湿成分
としているケアクリームの主成分として配合されています
※グリセリンアレルギーの人は使えません
シルラクリーム
22cba8d57eeaa9a128d2a87d7f45c5ba
スキンケアのシルラクリーム
7e64b3685d02a88601b9c6894a6218d32