シャンプーをしてもセットが取れないカールが2ヶ月持つスタイリング料

シャンプーをしてもセットが取れないパーム・ド・ミミは、
スタイリングローションを付けて、ワインディングをして、髪がカラカラに乾いたら、
ミミ・Fixを付けて後は外すだけ。
スティックなしキャップ不要で、高価な機械も使わずに、カールは2ヶ月持ちます。
《「パーム・ド・ミミ」スターターキット》ご注文書はこちら

カールが2ヶ月持つパーム・ド・ミミは、パーマとかけ方が違います

繰り返しシャンプーをしてもセットが取れない、パーム・ド・ミミは、パーマではないのに手入れの楽なカールが2ヶ月持ちますが、シスチン結合を切らないので、パーマではありません。
パーム・ド・ミミのボリュームの出た柔らかくて軽いカールは、リンスをしなくてもシットリ・ツルツルとした手触りで、お客様が過去にパーマで嫌な思いをしたパーマの悪いイージを払拭します。
「今までのパーマとまったく違う所」

・パーマ前のシャンプー不要 ・・・・・
スタイリングローションの浸透力がいいので、髪が汚れていてもかかります。
・ワインディングはアバウトでOK ・・・・・
スタイリングローションで少量塗布してからワィンディングをするので、厚いベースでもかかります。
・スティック不要 ・・・・・
アクティブローションを付けないので毛切れの心配はありません。
・アクティブローション不要 ・・・・・
ワインディングローションのスタイリングローションでかかります。
・キャップ不要 ・・・・・
基本的に自然放置でかかります。
・中間水洗不要 ・・・・・
中間水洗をすると、ケラチンが喪失してしまいます。
・酸リンス不要 ・・・・・
形状記憶作用に酸リンスは不要
・オーバータイムが無い ・・・・・
髪にダメージを与える成分は入っていなくて、パーマではないので、オーバータイムはしません。
・スタイリングローションのテストの時、毛束はカラカラに乾いていてOKなのが、パーム・ド・ミミの一番の特徴です。
<注意>
モニターサロンで初めてマニュアル通りにパーマをかけた時、思い通りにパーマがかかった!その後、パーマのかかりが弱くなったという報告があります。
理由は、初めはマニュアル通りにかけて成功しましたが、次はパーマ感覚でかけてしまったので失敗をしてしまったということです。
まずは必ずマニュアル通りにかけて、その後応用は自由ですが、少しでもかかりが弱くなったら、原点に戻って下さい。



「パーム・ド・ミミのテスト」(毛束が乾いていたらOK)
「毛束の乾き具合で判定」

パーム・ド・ミミは、髪の成分のケラチンが、毛髪の綿維(コルテックス)に作用して、ロッドに巻いた形状を記憶した後、Fixで固定してかかるカールが2ヶ月持つスタイリング料です。パーム・ド・ミミのテストは、ロッドを1本外して毛束の乾き具合で判定します。
NG
毛束が乾いていなかったらかかっていません。
OK
毛束がカラカラに乾いていたら、ボリュームの出たカールでかかっています。
※カラカラに乾くのに時間がかかるケースを紹介します。
1)スタイリングローションをパーマと同じように塗布した時 塗布量が多いと、乾くのに時間がかかります。セットのように加温をしてもOKです。
2)ダメージ毛を直す目的で多く塗布した時


パーム・ド・ミミは、パーマではないのでパーマの面倒なプロセスは一切ありません。
そのために、お客様の「パーマは疲れるからパーマをかけたくない」という、パーマの悪いイメージが払拭できます。
又、オーバータイムで髪をバサバサにする失敗がなく、ダメージ毛にも健康な髪にもかけられるので「パーマをかけると髪が傷む」とパーマを諦めていたお客様にもパーム・ド・ミミを紹介できます。

パーム・ド・ミミは、セットの様な巻き方でワィンディングをすると、セットの様にパーマがかかる為に
「シャンプーをした後、手入れが楽です!」
と自信を持ってお客様に紹介ができます。


試してみたい・サンプルが欲しい

パーマとは施術工程が全く違うパーム・ド・ミミのプロセス

パーマをかけたがっているシニアのお客様が求めているパーマは、以下のとおりです。

・髪が全く傷まないパーマ
・疲れないパーマ
・臭くないパーマ
・不快な思いをしないパーマ
・シャンプーをした後、簡単にセットが出来るセットレスパーマ

それがカールが2ヶ月持つスタイリング剤のパーム・ド・ミミです。

詳細は、アンテナショップの
「友喜美粧」のブログをご覧ください。

パーム・ド・ミミはシリーコーンの付いている髪でも浸透する浸透処方で開発しました。
そのために

1)パーマをかける前のプレシャンプーは不要
2)シリコーンが付いていても、シリコーン除去不要

スタイリングローションは、ドライヘアの状態で塗布してください。
・スタイリングローションの塗布量は、瞬時接着剤をつけるイメージで髪の内部に薄い膜を張るようなイメージで塗布してください。
・スタイリングローションを塗布した後は、丁寧にコームスルーをしてください。
・ワインディングの途中で乾いてきたら、少し足してください。


1)スタイリングローションの塗布
有効成分のケラチンを
毛髪の線維に少量浸透させます。
過剰に塗布すると
テストの時乾く時間がかかるので、必ず少量塗布して下さい。
40分で仕上げる夢のパーマのプロセス1
スタイリングローションを塗布
スタイリングローションの塗布量の目安」

ショート  30ml前後
セミロング 40ml前後
ロング   50~70ml

少量を均一に塗布して
丁寧にコームスルーをします。
「スタイリングローションを少量塗布して、2ヶ月持つカールがかかるイメージ」

「塗布量が適量の時」
   ・毛髪の線維の中にスタイリングローションが適量浸透した時、
    スタイリングローションは線維の中で薄い膜を張って固まり、ロッド巻きのカールを乾いて記憶します。

「塗布量が多い時」
   ・スタイリングローションを多く塗布すると、スタイリングローションが乾きません。そのために時間がかかり過ぎます。

「塗布量が少ない時」
   ・スタイリングローションがムラに付くと、付いていないところはかかりません。

※スタイリングローションの塗布量は、乾いている髪が湿る程度です


2)ワィンディング
パーム・ド・ミミ 1液
ミミ・スタイリングローション
40分で仕上げる夢のパーマのプロセス2
ワィンディング
〇ベースを厚く取り
  ワィンディングをして下さい。
 ・スティックは不要
   ゴムの跡は付きません。
 ・キャップ不要
   自然放置でパーマがかかります。

〇スタイリングローションのタイムの目安
 ・ヘアカラー毛・乾燥毛 7分〜
 ・健康毛     10分〜
「ゴムの跡が付かない理由」

パーム・ド・ミミのスタイリングローションを塗布してからワィンディングをします。
ワィンディング後にスタイリングローションを塗布しないのでゴムの跡が付きません。

施術中想定されるお客様の思いを集約しました

「ワィンディングからシャンプーまでのプロセスで、お客様が実感する今までのパーマと違うところ」

美容師さんのプロセス お客様の反応
スタイリングローションを少量付けてワィンディングをしている時
今パーマをかけているのですよね!
ボンボン巻きでワィンディングしている時
そんな巻き方でパーマはかかるのですか?
スティックを止めないでキャップをしないで自然放置をしている時
何もしなくていいのですか!?
Fixを塗布して自然放置の時
もう何もしなくていいのですか!?
ロッドを外してシャンプーをしている時
シャンプーをしたらパーマが取れてしまうのではないですか?
シャンプーが終って、セット椅子に移動する時
頭が凄く軽いのですけど!
鏡に写る自分を見た時
うわっ、自然なカールが素敵!
濡れている髪を触った時
ツルツルですね!!
自然乾燥後のヘアスタイルを見た時
若くなりました、艶も出ています。

パーム・ド・ミミはトリートメントのパーマですから、
シャンプーをした後、リンスやコンディショナーを付けなくても、
ツルツルとした独特の手触りは、お客様を120パーセント満足させます。

そして、乾いた後の髪には自然な艶が出て、ツルツルと艶は持続します。
又、専用のアロマADシャンプーとアロマADヘアエッセンスで
細い髪にボリュームが出て、ツルツルと艶はさらにキープされます。



3)テスト
「2ヶ月持続するカールがかかっている時」

ロッドを1本外して、
毛束がカラカラに乾いていたら、
カールも強くかかっています。

カールが強くかかっていたら
Fixを塗布して固定します。
40分で仕上げる夢のパーマのプロセス3
カラカラに乾いてしっかりカールが付いています
「カラカラに乾いていない時」

ロッドを1本外して、毛束が濡れていたら、かかっていないサインです。

ロッドを巻き直して、
5分~10分放置して下さい。

パーム・ド・ミミはオーバータイムのをしないので、乾くまで放置して下さい。
※スタイリングローションの塗布量が適量であれば

乾燥毛・ヘアカラー毛 7分〜
健康毛 10分~

という短い時間でパーマがかかります。


4)Fixの調合
ミミ・Fix 1
60ml
ミミ・Fix 2
20ml
ミミ・Fix 3
10ml
ミミ・Fix 1 ・・・ ミミ・スタイリングローションを固定する固定液(アミノ酸)
ミミ・Fix 2 ・・・ 固定剤の助剤(臭素酸Na)
ミミ・Fix 3 ・・・ 助剤の促進剤(グロスフェリン)
※Fixは塗布する直前に調合して、1回で使いきって下さい。



5)Fixの塗布
〇Fixの放置タイム 25分

 ※放置タイムが長いほどカールが強くなります。
2液を塗布
Fixを塗布の写真


パーム・ド・ミミはシスチン結合を切るパーマではありません。
毛質によってケラチンが髪の中で固定するタイムは、ダメージ毛ほど長くかかります。
パーム・ド・ミミは、オーバータイムの恐れがないので、完全にかかるまで、放置ができます。
6)ツルコリのテスト

根元から毛先まで指の腹でしごいて、毛先までツルコリが出ていたらロッドを外して下さい。

7)ロッドオフ
厚いベースで
ワィンディングをすると、
セットと同じカールで
ボリュームが出た
パーマがかかります。
パーム・ド・ミミ ロッドオフ
ロッドオフを外したスタイル
「パーマの様なカールでかけたい時」

パーマと同じワィンディングをして下さい。
その時、
・かかり易い髪にはパーマと同等の
 ロッドを使って
 ワィンディングをして下さい。

・かかり難い髪にはパーマより
 ロッドを少し細いロッドで
 ワィンディングをして下さい。
 従来のパーマの様にかかります。

かかりが弱い時の救助策

自然放置後、もっと強くかけたいと思ったら、ミミ・アシストを霧吹きで少量塗布してから、数分後に再度テストをしてください。



ミミ・アシストを霧吹きで塗布する目的

硬毛や脂性毛は、カールが付きにくいために、ミミ・アシストで毛小皮と毛皮質を柔らかくなるように刺激して、カールをつきやすくします。



ミミ・アシストでアシストした例

o0809108014280890622

ワインディングスタイル

514ff961ef884ed554a4adad3110e9b21

ミミ・アシスト

かかりにくい毛質のために、パーマと同様に巻いています。

トップのかかりが弱かったので、ミミ・アシストを霧吹きで少量塗布しました。


・スタイリングローションのタイム 18分

・Fixのタイム 25分






ロッドアウウト
o0809108014280975578
o0809108014280975589

根元からボリュームが出て、強いカールがかかりました。このカールが2ヶ月持続します。




After

o0809108014280975596

タオルドライ後

o0809108014280987785

自然放置後

お客様は2か月間はシャンプーをした後、手入れの楽なスタイルでおしゃれができます。




8)シャンプー

必ずシャンプーをして下さい。
40分で仕上げる夢のパーマのプロセス4
シャンプー後のスタイル

ケラチンが髪の線維に膜を張って、2ヶ月持つカールがかかりますが、髪の表面に残留しているケラチンをシャンプーで取り除かないと、ブローをした時、ザラつきますので、ロッドを外した後は必ずアロマシャンプーをしてください。
アロマADシャンプー
・アロマADシャンプー

細い髪にボリュームを出すシャンプー
アロマADヘアエッセンス
・アロマADヘアエッセンス

パーム・ド・ミミの感触と
艶をキープするコンディショナー


9)自然乾燥で仕上
シャンプーをした後、
手ぐしで梳かして仕上ました。
自然乾燥で仕上
「ブローをする時」

根元から中間まで
ドライヤーで乾かしてから
1度ブラシで梳かして、
その後、
手ぐしでカールを整えてから
スタイルを完成させて下さい。

乾かし過ぎて、カールが伸びたら
天使のしずくを少量塗布してから
手ぐしでセットをして下さい。


試してみたい・サンプルが欲しい