セミナーレポート

2016年12月19日(月)
真範研究所
K&J キム社長
    マネージャー ヨムさん

損傷毛の多い韓国から注目されているFiXシリーズ

 FiXシリーズは、日本国内では一部の美容室しか使っていませんが、隣国の韓国はパーマ先進国の為、パーマはもちろんのこと縮毛矯正やヘアカラーで傷めてしまうケースが多いこともあり、真範研究所のFiXシリーズは韓国で注目されています。

 キム社長は弊社のHPにアップしているFiXシリーズの動画を何十回も観て、実際にその効果を確認したいということで以前も来社されており、今回は韓国向けに改良したFiXシリーズのテストと、これらを生産している工場の視察を目的として来社されました。
 

20161219_1



左 社長のキムさん

右 マネージャーのヨムさん
20161219_2
 健康毛の毛束を損傷毛にしました。
 傷めるプロセスは下記のとおりです。

1)市販のブリーチ剤を塗布して遠赤で20分加温。
2)ブリーチのプロセスを2回繰り返す。
3)チオコールドの1剤の溶液に40分間漬け込む。
4)漬け込んだ毛束を指で触って髪がトロトロに溶ける寸前に
  取りだし、プレーンリンスをします。

 写真の毛束は溶ける寸前の損傷毛が乾いて、スルメの状態になっている毛です。
20161219_3
 ビビリ毛を内部から治すFIXAを塗布してコームスルーをしてビビリ毛を綺麗にします。

この後15分自然放置をして
20161219_4
 その上からvivi-Ri(ビビリ)という架橋剤を塗布したら15分自然放置をしてFIXAの効果を安定させます。

20161219_5
 最後にFIXAとvivi-Riを毛髪の中にブロックさせるようにFIXBというコーティング剤を塗布して15分自然放置します。
【自然放置する理由は?】
 溶ける寸前のダメージ毛は一般的なトリートメントの常識である熱やスチームではダメージがさらに進んでしまうからです。



2061219_6
 FIX A 15分自然放置
 vivi-Ri 15分自然放置
 FIX B 15分自然放置

が終わったら最後に毛束の表面に残留しているFIXシリーズを簡単なチェンジングリンスで取り去ります。
 
20161219_7
 最後の仕上げはドライヤーによる完全ブローです。今回は毛束でしたのでコームドライヤーを使いました。

 キム社長もヨムさんも真剣です。
テストに参加しながら「どうして?なぜ?」の連続でしたがテストを行う過程の中で理解して下さいました。

20161219_8
 最後に今韓国で注目されているという水に入れて使うこともできるトリートメント用の低温超音波アイロンで仕上げをしました。

一般のトリートメントと損傷毛をトリートメントするFIXシリーズの違い

一般のトリートメントはダメージ毛の表面をトリートメントする

 一般のトリートメントはダメージ毛の表面にイオン吸着させてダメージ毛の表面の手触りを良くします。


FIXシリーズはダメージ毛の内部から髪を補強します

 FiXシリーズは損傷毛をトリートメントします。その効果は1カ月持続します。
20161219_9


スルメのような毛髪と
     FiXシリーズを施術した毛束

ピエテ講習会
 ~10月1日(土)
に開催した講習会のフォロー講習~
2016年11月11日(金) 20:40~22:30
池田美容学校
美容師10数名
anke-to






今回のセミナーに先立ち10月1日(土)にピエテの講習会をしました。
しかし、セミナーの時間枠が1時間しか取れなかったこともあり、モデルウィッグを使ったセミナーでは、参加した美容師さんに「早い・簡単・傷まない」等の、ピエテの一部の特長しか理解して頂く事が出来なかった為、今回のフォロー講習になりました。


※左の画像は今回のセミナーについて頂いた報告書です。

静岡の美容学校から新しいパーマがスタートします

 JR静岡駅より徒歩6分にある池田美容学校池田よしたか理事長は、かつて私が経営する美容室「友喜美粧」とライバル関係にあるジョリーという美容室のオーナーであり、全国的にも有名だった大島会という研究会の幹部で二丁鋏を使ったストロークカットで人気を博した美容師さんでした。

 池田先生は彼を慕う
全国の美容室のオーナーと強い絆でネットワークを作っていますが現在に至るまで共通で使う粧剤が無かった為、接点を持つ機会がありませんでしたが、私の形状記憶パーマ「ピエテ」との出会いで接点が生まれ、ピエテと池田美容学校のネットワークのコラボレーションが企画され、今回のセミナーになりました。
6051

ピエテを上手に使いこなせない美容師さんの為に書いた資料

6365460ac407e2c90492384d35bf9d04

967c5589e83bf9377c447455802a12dc

 
実技に先立ち、ピエテを上手に使いこなせない美容師さんの為に上記の資料を読み
参加した美容師さんにピエテでパーマを上手にかけるコツを勉強してもらいました。



実技は参加した美容師さんにお願いしました

17
・パーマのかかり難いダメージ毛のお客様
・シリコーンでコーティングされている為に艶があります。
・PTMでシリコーン除去をする為に霧吹きで濡らすと水玉がたくさん付きました。
・見た目は艶があるので健康そうに見えましたが濡らした後、コームが入らないくらい傷んでいました。
23
 PTMをたっぷり塗布して2分~3分丁寧にコームスルーをしました。
 この後アロマADシャンプーでシリコーンを洗い流しました。
33
 中間から毛先を20ミリのロッドで巻きました。
43
 ワインディングが終わった後は
  ・アクティブローション無し
  ・スティック無し
  ・キャップ無し
 の自然放置です。
 このままパーマがかかるまで自然放置です。
53
 ワインディング直後にロッドを外してテストをしたらそれなりにパーマはかかっていましたが、もっと強くかけたかったので7分後にテストをして固定に入りました。
63
 ロッドオフしました。

 ロッドアウト後のかかり具合です。
 この後アロマADシャンプーでシャンプーをします。

73

83

93

ナチュラルなソフトカールにパーマがかかり、モデルさんも喜んで下さいました。
今後も、こんな講習会を全国で企画していきたいと思います。

ピエテでかける、セットレスパーマの実技講習会
       ~シニア女性のショートスタイル~

2016年10月24日(月) 10:30~15:00
株式会社 立美商会 (京都)
美容師10数名
 今まで(株)立美商会さんで開催したピエテのセットレスパーマの実技講習会では、若者向けのパーマスタイルとしてモデルのミランダ・カー、歌手の安室奈美恵、女優の清野菜名さんのスタイルをモデルのウィッグで作って勉強してきましたが、前回の講習の参加者から「シニア女性のショートスタイルを教えてほしい」という要望を頂きましたので、今回は友喜美粧に40年通って下さっているお客様にモデルをお願いしてシニア女性のショートスタイルを皆様に体験して頂きました。

仕上がりのスタイル

16
フロント
22
サイド
タオルドライ後、フィンガーブローで仕上げました。

シリコーン除去からロッドオフまで

32
シリコーン除去剤のPTMでシリコーンを除去します。
42
2分間丁寧に、しつこくコームスルーをします。その後アロマADシャンプーでシャンプをしました。
52
トップからワインディングを始めました。
62
バックはブロック巻きで巻きました。
72
フロントとサイドのスタイル。
82
ロッドを外してテストをしました。

ショートスタイルのテキストで勉強をしました

txt





サスーンカットでは自然なショートスタイルにパーマはかかりません。

カットは齊藤オリジナルのショートレイヤーを勉強して頂き、その後でテキストを見ながらワインディングをして頂きました。

※左の画像はマサオ齊藤監修のオリジナルテキストの一部。

プレカットをしている風景

92
ロングのウィッグをショートスタイルにパーマをかける為に、事前にショートの長めのスタイルにカットして頂きました。

パーマをかけた後~アフターカットで仕上げます

101

112

事前に強めにパーマをかけた後、ワンカール半のカッティングポイントでカットをするとセットレスパーマに仕上がります。
121
参加された美容師さんは初めてのワインディングと初めてのカットでしたが齊藤の指導の下、今日からお客様にお施術できるくらい上手になりました。
131
参加された若い美容師さんの作品です。
セットレスパーマの実技講習会
 ウィッグ or 相モデルでカットからパーマまで
2016年5月23日(月)  12:00~15:00
株式会社 立美商会 (京都)
参加者20名
 2月15日に開催した講習会では27名の美容師さんが受講して全員目的のスタイルにパーマをかけることが出来ました。
しかし後日、参加した美容師さんの多くが「会場ではビックリするくらいパーマがしっかりかかったのに、サロンではスタッフやお客様に思うようにパーマがかけられなかったです」という報告を受けました。そこで今回の講習ではPTMを使ったシリコーン除去にポイントを置いた講習会にしました。
5-23-1

5-23-2

5-23-3

 モデルは前回と同じ(株)立美の事務員さんにお願いしました。
 カットはしないで夏向きのスタイルにパーマをかけました。


 実技はモデルウィッグでスタートしましたが、相モデルを希望する美容師さんには相モデルでして頂きました。
5-23-4

5-23-5

5-23-6

 モデルウィッグではパーマがしっかりかかりましたが、人の頭でパーマをかけると、髪質やシリコーンの残留程度によってパーマのかかりかたが違う為、2名以上で参加した美容師さんには1人がモデルになる形で相モデルで勉強して頂きました。
5-23-7

5-23-8

5-23-9

5-23-10

5-23-11

 本来であれば参加者全員のワインディングをしたスタイルとシャンプー後のスタイル、そしてナチュラルパーマの仕上がりを記録に残したかったのですが正味3時間でカットとパーマを全員の方に体験して頂かなければならなかったので少数の作品しか記録に残せず残念でした。

~番外編~齋藤政夫オリジナルのショートヘアを一部の先生に教えさせて頂きました

 講習会には2度目の参加とおっしゃる昭和16年生まれのベテラン美容師さんは、他の美容師さんがミランダカーや安室奈美恵さんのスタイルのカットをしている時に「私がイメージしているパーマスタイルとは違うので帰ります。」と帰ろうとしました。
そこで齊藤が「ショートスタイルのパーマはどのように巻いていますか?」と聞いたところ「ネープの短い所は豆ロッドで巻いています。」と答えて下さいました。
 そこで急遽、友喜美粧でシニアのお客様に大人気の齊藤オリジナルのパーマを個人的に教えさせて頂きました。

 ショートのブロック巻きは他の美容師さんにも喜んで頂けました。

『うちのお店のお客様はシニアのお客様が多く、皆さんこんなスタイルを希望されています!』

『私もこんなスタイルにしたいんですけど、巻き方が分からないので今度本格的に教えて下さい。』

あくまでもせっかくお越し頂いた美容師さんのご希望に添えず申し訳ない気持ちから、個人的に齊藤オリジナルパーマを教えたのですが予想以上に大きな反響があり、これは今後の重要なテーマだと自負した次第です。

 次回はご要望にお応えするべく、オリジナルショートの講習を取り入れたセミナーを開催したいと思います。
ブローアウトとpiEteの勉強会

2016年6月20日(月)
株式会社 真範研究所
美容師 4名  
東京のサロン : 佐々木先生・山口先生
東村山のサロン : コアフュール八恵さんとそのお嬢様の山室先生
6-20
 東京を中心にニューヨークでもご活躍の佐々木先生は今月6日、スタッフ同行でブローアウトについて知りたいという事で勉強会にいらっしゃいましたが、更に勉強されたいとのことで同じくニューヨークと東京を舞台に活躍している友人の山口先生同伴で参加されました。
 
 コアフュール八恵の山室先生は今月7日にピエテを中心に勉強されたいと久しぶりの勉強会に参加されましたが、今回は美容師のお母さまも一緒に前回より掘り下げた知識と技術を得たいと勉強会に参加されました。
 まず、山口先生がニューヨークでブラジリアンブローアウトを実際に体験した現状を話してくださいました。ブラジリアンブローアウトの成分のホルマリンに関連して、目に対して凄い刺激があり手がカブレるためゴーグルと手袋を着用し、さらにお客様にもマスクをしてもらって施術をしている悲惨な状況に驚かれたそうです。
 佐々木先生は前回の勉強会に参加して真範研究所のブローアウトにチャレンジしてみたものの、思うような結果が出せなかったことに関してアドバイスを望まれたので今回は完璧にブローアウトをこなしている上越市のヘアサロンオーノの五十嵐先生にご協力いただきオンラインでブローアウトを成功に導くコツをお話しして頂きました。その結果上手に縮毛が伸びなかったのは遠赤の加温不足であるという事を理解したうえで納得して頂きました。

 山室先生のお母様は過去にpiEteを使ってパーマをかけた時に昔、齊藤から教わったオーツーパーマの考え方でpiEteを使った為にパーマがかからなかったことがあったそうです。しかし、これからはpiEteを使っていきたいので改めて勉強したいという事でいらっしゃいましたが今日の勉強会に参加したことで良く理解することが出来て、piEteは1剤を少量塗布してボンボン巻きで簡単にかければいいのだという事がわかったと喜んで下さいました。

 今回の勉強会はオーツーパーマのベテラン先生とオーツーパーマをまったく知らない「カラー」と「ストレート」に興味のある先生との合同勉強会になりましたが、お互いの良い点が融和して中身の濃い勉強会になりました。
top-banner