パーマが大好きになって、簡単にセットが出来るパーム・ド・ミミ

今までのパーマはシャンプー後の手入れが難しく、髪が傷むのでパーマ嫌いのユーザーが増えています。
パーマ嫌いのユーザーをパーマを大好きにするパーム・ド・ミミは、シャンプーをした後、
簡単にセットが出来て、パーマが大好きになるパーマです。

パーマが大好きになるパーム・ド・ミミはシャンプー後、簡単にセットが出来るパーマです。

40代のショートスタイル(パーマが大好きになるショートスタイル)

40分で仕上げる夢のパーマのプロセス4
シャンプーをした後ブラシと指だけでセットが出来ます。
ブローは一切していません。

パーム・ド・ミミのカーリングウェーブは、
ケラチンが毛髪の中に浸透してセットする関係で、
髪の内側からボリュームが出て、
ブローをしたようなキレイなスタイルにセットが出来ます。

パーマ嫌いになったユーザーは、
パーム・ド・ミミのカーリングウェーブを望んでいます。
そして必ずパーマを大好きになってくれます。
それはシャンプー後、簡単にセットが出来るからです。
・シャンプー直後ブラシと指で梳かしただけでキレイにセットが出来ます。

自然乾燥のスタイル
タオルドライをして30分も経つと、
自然なセットスタイルにセットが出来ます。

髪は1カ月に約1cm伸びます。
従って、このスタイルは約1カ月半はキープします。
その後、髪が伸びるに従って2ヶ月後には又、
パーム・ド・ミミでカーリングウェーブをかけたくなります。

そしてパーマが大好きになります。
・自然乾燥のスタイル
 仕上剤を付けないのに自然な艶が出てキレイなセットが出来ました。

※パーム・ド・ミミのカールはカットをしない限り取れません。

パーマを大好きにするパーム・ド・ミミは40分で仕上がり簡単にセットが出来ます。

40分で仕上げる夢のパーマのプロセス1
シャンプーをしないで、
ドライヘアの状態で1剤を塗布します。
※詳細はプロセスのページで解説します。

1剤の塗布量はパーマの1/2です。(30ml)
40分で仕上げる夢のパーマのプロセス2
パーマを大好きにするスタイリングは、
セットの要領でアバウトに巻くと、
シャンプー後、簡単にセットが出来ます。

※サイドの下とネープはピンパーマでかけています。
40分で仕上げる夢のパーマのプロセス3
パーマを大好きにするパーム・ド・ミミのテストは、
ロッドを1本外して、
目的のカールにかかっているかをテストします。

この時、パーム・ド・ミミは形状記憶ですから、
乾いた状態でかかっています。
この時、カールが濡れていたら、
塗布量が多過ぎという事です。
40分で仕上げる夢のパーマのプロセス4
シャンプーをした後タオルドライをして、
ブラシと指で流しただけでセットが出来ました。

このまま乾けばセットスタイルになります。
パーマ嫌いのユーザーを、パーム・ド・ミミの
カーリングウェーブでパーマを大好きにするのが、
パーム・ド・ミミです。

パーマを大好きにするパーム・ド・ミミの40分で仕上がるヒミツ

ヒミツ その1

・シャンプーをしない
  パーム・ド・ミミの1剤はアルカリが低配合でも、
  毛髪に効果的に浸透する特許出願中の浸透処方で作っています。
  そのために髪が汚れていても、シリコーンが付いていても、
  シャンプーをしなくても、1剤は毛髪に浸透します。

ヒミツ その2

・ワィンディングはセットの要領で、シャンプーした後セットが出来るようにアバウトにワィンディングします。
  ベースを厚く取りワィンディングします。
  ただし、ぐづぐづ巻きではかかりません。
  テンションは不用ですが、緊張させてきっちり巻いて下さい。

ヒミツ その3

パーマのようにスティックを止めたり、1剤を再塗布したり、キャップをしたり、
パーマのようなプロセスは一切しません。

ヒミツ その4

1剤を塗布して、ワィンディングをしている時に、ケラチンの形状記憶が始まり、
ダメージ毛では、ワィンディングが終った時に簡単にセットが出来るカーリングスタイルにかかっています。

※パーマの要素がまったく無いので20分でワィンディングをすれば、40分でロッドオフ出来るのです。
 そしてシャンプーの後、簡単にセットが出来るからパーマが大好きになるのです。