スーパーケラチン

トリートメントで髪を綺麗にする。

「美容室でセットしたときにはキレイなスタイルだったのに・・・」「自宅でキレイにカールできない・・・」

40分前後の施術で完了できる手軽さと、高いトリートメント効果で新規顧客の獲得も確実です。
溶ける髪にパーマはかかりません。切れる髪にもパーマがかかりません。そんなダメージ毛にスーパーケラチンを使い分けて、パーマをかける実験です。ケラチンでパーマをかけるスーパーケラチンは、溶ける髪でも、切れる髪でもパーマがかかります。
キューティクルが無いダメージ毛に人工的な疑似キューティクルを作り、ダメージ毛の中にマトリックスになるベリーソフトを浸透させてから、ロッドを巻いてパーマをかけます。
再現性のいいケラチンパーマの『スーパーケラチン』のパーマから仕上までの総てを見せます。1剤の塗布、丁寧なコームスルー、セットレスパーマのロッド巻き、キャップをしないで自然放置でパーマがかかる様子を見て下さい。最後は乾かして終りです。
ハイブリーチをしたウィッグにパーマではないケラチンでパーマをかけます。ダメージ毛にケラチンを塗布してロッドを巻くと、一瞬でパーマがかかります。スーパーケラチンは、パーマがかからないダメージ毛に再現性のいいパーマがかかります。
乾燥した乾燥毛にパーマをかけると、乾燥毛はさらに乾燥して傷みます。ケラチンの形状記憶でパーマをかける『スーパーケラチン』は、乾燥した乾燥毛にケラチンの作用でパーマがかかるために、再現性抜群のパーマがかかります。
縮毛矯正と同時にカラーをしてしまうストレートカラーは、ダメージ毛の縮毛が、キレイなストレートに染まります。MAXストレートのカラーストレートは、ストレートとカラーが同時に出来、ガサついたダメージ毛がツヤのあるツルツルの髪になります。
縮毛矯正の後にパーマをかけると、パーマがかからないか、パーマがかかっても髪にダメージを与えて傷めてしまいます。MAXストレートは縮毛をストレートにした直後に、ケラチンパーマで再現性の高いパーマがかけられます。
シリコーンが付いている髪のシリコーンを除去してから施術する、MAXストレートの縮毛矯正は、今までのストレートより1時間は早く仕上がり、ノンシリコーンの縮毛矯正剤のために、柔らかく軽い仕上がりな時短ストレートです。
髪の中にシットリ成分を浸透させるために、PTMでシリコーンを除去した後、膨らんでボリュームの出過ぎた髪にシットリ成分を補給してボリュームをおさえます。シットリ・ツルツル・サラサラが持続します。
ゴワついて指がひっかかる乾燥のすごい乾燥毛をツルツル・サラサラにするトリートメント。ダメージ毛の内部に、ツヤと感触と手触りを良くする成分を浸透させ効果を持続させます。
縮毛矯正をした後、しばらくすると髪が極端に乾燥してバサバサの乾燥毛になります。本来ヘアアイロンは髪を乾燥させますが、トリートメントを乾燥毛に浸透させた後、保護材のクチクルを付けてアイロンでトリートメントすると、乾燥毛がツルツルになります。
keratin3set-re
トリートメントパーマのベリーソフト、ノーマル、ハードの3種類のスーパーケラチンの商品について詳しく説明します。
keratin-youtube
初めてスーパーケラチンを試される方のためのウィッグ編やモデル編などのプロセスの内容を動画でご覧いただけます。
keratin01-pinup2
トリートメントでかける <スーパーケラチン>の簡単技術マニュアルや、簡単技術マニュアルのポイントを紹介します。
img_tamago01
ゆで卵の考え方でウェーブ形成理論を詳しく説明します。
top-banner