シャンプーとアレルギーの関係

ce68cee3fd4f277d726dd8a64ee65d60
良質なオールインワンシャンプーで頭皮をマッサージしてシャンプーをすると、手触りの良いツルツルした髪になり、ダメシャンプーのオールインワンシャンプーで髪を揉み込んで洗うと、髪はツルツルになりますが、頭皮に油分が残って、頭皮環境は悪くなり、ハゲになります。
ce68cee3fd4f277d726dd8a64ee65d60
泡が立たないシャンプーが、オールインワンシャンプーとして人気があるようです。 シャンプーの目的は頭皮を清潔にすることですから、泡が立たなければシャンプーでは有りません。「泡の代わりに濃厚クリームで洗う」という、ふざけたシャンプーです。
湿疹三角形
アレルギーの症状は、皮膚が炎症して湿疹が出来ます。症状の進行の仕方は、シャンプーとヘアカラーは違います。ヘアカラーはアナフィラキシーで死に至るケースもありますが、シャンプーは頭に湿疹が出来て痒くなり、フケが増えて薄毛になります。
ピエテレイシャンプー&コンディショナー
高級アルコール系やアミノ酸系等のアニオンの洗浄成分の他に、静電気を防止して指通りを良くして、髪を柔らかくして、頭皮の刺激を緩和する目的で、アルカリの時シャンプーとして働き、酸性の時リンスとして働く、両性イオンの洗浄成分を配合するケースが増えています。
ピエテレイシャンプー&コンディショナー
シャンプーの洗浄成分は洗浄を目的とした成分や泡立を良くする成分等を、価格や機能面で何種かを組み合せて、シャンプーを開発しますが、洗浄力・脱脂力・起泡力の高い成分はタンパク変性で肌荒れを発症させたり、髪や肌に優しくてもアレルギーを発症させます。
top-banner