フロムカラー・パーマカラーの刺激から頭皮を保護するケアローション

パーマやカラーは頭皮を刺激してアレルギーが生じます。フロムカラーは刺激成分やアレルギー成分から頭皮を保護して、頭皮の炎症を抑えます。また、身体の部位で生じるトラブルもフロムカラーでかゆみを取り去り、アレルギーのトラブルから肌を守ります。
フロムカラー400ml
ヘアカラーによるかぶれの予防、パーマ剤の刺激から頭皮の保護、また身体の様々なトラブル(具体的に辛い口内炎、わずらしいものもらい、スリ傷や虫刺され、そして日焼けの予防とケアなど)フロムカラーは肌のトラブルを解消して楽になるヘアローション。シャンプーをした後、頭皮がいつまでも痒い、身体のいたる所が痒い、そんな痒みを解決する手段はただ一つ、スキンケアのフロムカラーを付ける事です。フロムカラーは頭皮の痒み…
美容のイメージ
理想的なスキンケアをしていると、汗と皮脂のバランスが整い、健康な肌になります。 ホメオタシスという恒常性は、汗と皮脂のバランスによって弱酸性肌質を保ち、肌環境を正常に保ち、刺激成分やアレルギーの原因物質が肌に侵入するのを防ぎます。
内容成分を読む女性
香りの良いコスメは人気があります。シットリ感・スベスベ感の強いコスメも人気があります。しかし上辺の香りやスベスベ感の裏には、毒性やアレルギーのトラブルが隠れています。香料はアレルゲンが多いので、無香料が良く、過剰な保湿は好ましくありません。
フロムカラー400ml
スキンケアのフロムカラーは、日焼けの予防と日焼けのケアに効果の高い薬用の植物エキスのオウゴンとオウバクを高配合している関係で、日に焼ける前に塗布すると、日焼けを予防します。また保湿効果の高い塩化リゾチームが日焼けの炎症を鎮めます
アレルギー
アトピー・アレルギーの激しい痒みは、辛くて耐えられません。しかし掻くことによって肌に傷がついて、アレルギーの症状はさらに悪くなります。そんなアレルギーのかゆみにフロムカラーを塗布すると、激しいかゆみは一瞬で消えます。
汚れた毛穴
女性は髪が長いために、シャンプーを髪に直接つけて髪を洗います。 そのために女性の頭皮はいつも皮脂で汚れています。 男性は髪が短いために、シャンプーを頭皮につけて、頭皮をマッサージしてシャンプーします。 女性と男性の頭皮をマイクロスコープで検証しました。
フロムカラー400ml
口内炎になると、美味しい食事が摂れず、美味しいスイーツも食べられません。そしてお酒も飲めずに辛いですよね。そんな痛い辛いをスキンケアのフロムカラーでうがいをするだけで解消して、痛い辛いが楽になります。フロムカラーは口に入れても安全です。
フロムカラー400ml
アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の若いスポーツ選手は、練習中も練習後も汗をたくさんかき、アレルゲンに対して無防備になっています。 汗をかいた時、タオルで汗を拭き取った後にスキンケアのフロムカラーで保湿をしていると、肌は正常になりアトピーが楽になります。
フロムカラー400ml
更年期になると、女性ホルモンの影響で汗線の調節機能が乱れて、体をあまり動かさないのに汗をかく、多汗症になります。 そんな汗かきのお客様に、スキンケアのフロムカラーを紹介しました。 それ以来そのお客様はフロムカラーを化粧水やボディーローションの代わりに使っています。
フロムカラー400ml
パーマをかける時、パーマの薬の刺激から頭皮を保護するために塗布したフロムカラーに興味を持たれたカラー&パーマ専門店の友喜美粧のお客様の浜岡様は、 アトピー体質で、シャンプーをした後頭皮が痒くなるので悩んでいました。 その場ですぐにフロムカラーを買って帰り、毎日スキンケアをしています。
フロムカラー400ml
カラー&パーマ専門店の友喜美粧のお客様、尾上様は寝たきりの母の介護でフロムカラーを使って、母のアレルギーの湿疹がなくなり、母は喜んでいます。 それまではドラックストアーで様々なスキンケアを買って使っていましたが、湿疹の状態が酷くなるばかりで、フロムカラーを使うようになって救われました。
S__24010784
四季によって人の肌質は変化します。春夏は日差しが強くなり紫外線が増えて、肌のバリア機能が低下します。 秋冬は、皮脂や汗の分泌が低下して、肌の乾燥と肌荒れが気になります。 フロムカラーをスキンケアに使っている友喜美粧のお客様の様の、四季によるフロムカラーの使い方を紹介します。
フロムカラー400ml
フロムカラーは日焼け前のケアで肌にたっぷり塗布すると、オウゴンの紫外線吸収作用で、肌は黒日焼けしますが、肌は火膨れになりません。 そのために、熱いシャワーが浴びれます。しかし日焼けした後のケアでつけても、火膨れは治まらず、シャワーは浴びれません。
S__24010784
毎日のようにカラーやパーマなどのアレルギーに関連する商材を扱っている理美容師さんは、常にアレルギー物質にさらされています。そのため、自分が使っている商品が気に入ったら、様々な使い方を考えます。そんな理美容師さんからのフロムカラーの評判です。
黄芩 オウゴン
辛いかゆみやズキズキ痛むアトピーやアレルギーの症状を改善するスキンケアを開発するとき、大切なことは、アレルギー成分を無配合にすること、、全ての成分が血中の免疫グロブリンに反応するのを防ぐこと、そして使ったらアレルギーの症状が改善することが大切です。
S__24010784
ステロイドはアトピーやアレルギーの特効薬です。しかしステロイドの副作用は深刻です。 又、ステロイドの薬理作用は抗炎症作用です。フロムカラーに配合している薬用植物エキスの薬理作用も、ステロイドと同じ抗炎症作用ですが、副作用の心配はありません。
top-banner