ニュース

アレルギーは人によってアレルギーになりやすい人、アレルギーになり難い人と体質が様々です。花粉アレルギーの人は、花粉が飛び交う時期はマスクを欠かせません。食物アレルギーの人は、食事をする度にアレルゲンを調べなければなりません。アレルギーのテストは、アレルギーになりやすい人にとって、アレルゲンを特定するうえで重要なテストです。
湿疹三角形
アレルギーを発症すると、初めはムズムズという違和感のアレルギーになる徴候から始まり、次に痒味が出てアレルギーを意識して、ほてりが出て、アレルギーの湿疹が出現します。そして丘疹になり、小水疱になり、湿疹三角形の経過を辿ります。
アレルギー
化粧品のアレルギーとヘアカラーのアレルギーは、どちらも共に湿疹が出て激しい痒みは同じです。しかし化粧品のアレルギーとヘアカラーのアレルギーはアレルギーになる抗原が違い、アレルギーに対する抗体が違います。しかし、どちらのアレルギーも、湿疹と痒みの症状は同じです。
溶けている髪・切れている髪を癒す『トリートメント』
溶ける髪・切れる髪・超ダメージ毛のビビリ毛を手触りのいい、キレイな髪にするトリートメントです。Fix A・Bのトリートメントの動画はYouTubeで観れます。
トーニングパーマの紹介1
カラーとパーマを同時にする『ベーシックカラー』は、明るいおしゃれ染めが楽しめて、白髪染めとパーマが同時に出来るおしゃれなカラーの白髪染めです。白髪染めとパーマのプロセスを紹介します。
ベーシックカラーの紹介1
おしゃれな白髪染めのかぶれに安心な『ベーシックカラー』は、かぶれない原料のみで作った、おしゃれを楽しめる白髪染めです。一般的に白髪染めは、黒く染める白髪染めが多い中、『ベーシックカラー』は栗色やアッシュ系に染められる白髪染めです。
タンパク質の側鎖結合アイキャッチ
セットとパーマの違いは、セットは髪を濡らしてカールを作り乾かすだけ。パーマは化学薬品を使って科学的な処理をするために、パーマは毛髪傷めます。セットは毛髪を傷めない。パーマは毛髪を傷める。その違いを、シスチン・CMC・コルテックスで解説します。
再現性の高いパーマは従来のパーマ?ピエテのパーマ!!
これからのパーマは再現性です。従来のパーマはシャンプーをした後、髪がゴワついて、ブローをしないとセットが出来ません。モデルウィッグを使ってパーマの再現性と、ピエテの再現性を比較しました。
毛小皮
毛髪は毛小皮(キューティクル)が丈夫だと、毛髪は毛小皮によってしっかりガードされていて痛みません。
美容師はパーマの薬でアレルギーを発症して手荒れになります。アレルギーに安心で安全なパーマは、安心して使える安全なパーマの薬でパーマをかける事が、パーマの薬でアレルギーにならない方法です。パーマの薬のアレルギーと毒性を検証しました。
top-banner