ブリーチとカラーにウィズカラーをミックスすると髪が傷みません

ブリーチやカラーは、過水の関係で、毛髪の構造が壊れて髪にダメージを受けて傷みます。

ブリーチやカラーを保護するトリートメントは沢山あっても、

 ダメージを受けた髪を改善するトリートメントはありません。

ウィズカラーは、ダメージ毛を改善するトリートメントです。

ウィズカラーは超簡単で効果が持続するトリートメントです

・プレトリートメント 不要
・アフタートリートメント
with

ブリーチ・カラーに少量配合するだけで見違えるようなトリートメント効果が出ます


使用法

 カラー剤に混ぜるだけ

1剤+2剤(総量)に対して10%配合

100g なら 10g


 ブリーチ剤もカラー剤と同じ

又はブリーチをしている時、シャンプーする前に「ウィズカラー」を塗布した後、コームスルーをして5分放置してから、シャンプーをすると、髪が傷まなく、手触りが良くなって艶が出ます。


 パーマ・縮毛矯正にも応用出来ます


容量200ml 価格3,000円
コスパ 150円

ウィズカラーの効果とウィズカラーを導入した美容室からの反響!

■効果
・根元から毛先(ダメージ毛)まで均一に綺麗に染まります

・毛先のパサつきが無くなり、ツルツルに仕上がります

・綺麗にムラなく染まります

・褪色し難くくなります

色持ちの悪い方に
■美容室・お客様
お客様がホームカラーをすると、髪が傷んでムラに染まり、そして面倒臭い・・・
美容室で一度ウィズカラーを体験すると、もう自分で染めるのが嫌になります

 ・ホームカラーをしたくなくなります
 ・他所の美容室に浮気したくなくなります

■サロンオーナーの反響

ウィズカラーをメニュー化したら、売り上げがUP(増収・増益)しました。

ブリーチとカラーにウィズカラーをミックスした効果をイラストで紹介します

ウィズカラーは従来のトリートメントでは毛髪の内部に浸透しない有効成分を特許の浸透処方で毛髪の内側に浸透させて、ブリーチやカラーからのダメージを抑えて、毛髪をダメージから守ります。


「従来のブリーチで毛小皮と毛皮質のCMCの減少をイラストで紹介します」

296302c62e349002fdf61a1e5986221d1
a4d6e36f172b1b1dd1170ecce7fecd192

従来のトリートメントでは、ダメージ毛を改善する有効成分は毛髪に浸透しません

・トリートメントの界面活性剤は全てプラスイオンのカチオン界面活性剤です。

カチオン界面活性剤は、有効成分を毛髪の表面にコーティングさせる目的で作用して、上辺では、毛髪の感触を改善しますが、ダメージ毛を内側から改善することは出来ません。


ウィズカラーはイオン化しない特許処方で有効成分はダメージ毛の内側に浸透します

・有効成分がカチオン界面活性剤でプラスにイオン化しないと、有効成分は毛髪の内側に浸透します。
そしてダメージ毛を内側から改善して、毛髪を補強して艶を出すます。

ブリーチやカラーによってCMC(細胞膜複合体)の減少を解説

ブリーチやカラーの2剤の過酸化水素(H2O2)は、酸素(O)を放出して水(H2O)になり、放出した酸素は物質を酸化して、物質の構造を壊します。

例えば、ブリーチを例にすると、毛髪のメラニン色素を過酸化水素によって脱色します。


イラストでは、非染毛と染毛の断面を電子顕微鏡(TEM)で撮影した1部をイラストで紹介しています。


毛小皮(キューティクル)と毛小皮は、 CMC(細胞膜複合体)によって膠着していて、毛皮質(コルティックス)を保護しています。

染毛は、過酸化水素によって毛小皮と毛小皮をくっ付けているCMCが喪失して、毛皮質のマトリックスが流出して、毛皮質がスカスカになり、髪が傷みます。


過酸化水素のブリーチによって、毛髪が傷む程度は、4トーン前後のブリーチまでは、CMCの喪失は少ないようですが、明度が上がるほどCMCの喪失は多くなり、明るくブリーチすればするほどCMCは完全に喪失して、毛髪は傷みます。


スカスカのダメージ毛にタンパク質や、高重合ケイ素化合物を補充して、ダメージ毛を改善するウィズカラー

ウィズカラーは、ブリーチやカラーの成分とともに、ダメージ毛に浸透して、ダメージ毛を内側から改善して、ブリーチやカラーで施術した髪をウィズカラーがツルツルにして艶を出します。


ウィズカラーの取り扱いサロン・代理店を募集中