『フロムカラー』を肌のケアに使っているお客様の四季の使い方

四季によって人の肌質は変化します。春夏は日差しが強くなり紫外線が増えて、肌のバリア機能が低下します。
秋冬は、皮脂や汗の分泌が低下して、肌の乾燥と肌荒れが気になります。
フロムカラーをスキンケアに使っている友喜美粧のお客様の中村様の、四季によるフロムカラーの使い方を紹介します。
神奈川県横浜市 美容室『友喜美粧』のケース
・お客様 川崎にお住まいの 中村様 46歳

中村様はアレルギー体質で、ベタ付きの無いフロムカラーを気に入って毎日フロムカラーを使っています
dd201928f77d0211c82423fa4a93cf78
dd201928f77d0211c82423fa4a93cf781
fdf31ff3a880ff7c7436b6388463eb572
5d6e3b1dd1694c7531750996e5e9094a1
フロムカラーを手につけてしばらくすると、手がシットリしてそれがいつまでも持続します。
中村様はそのシットリ感が気に入って、風呂上りにフロムカラーを全身につけています。
また朝起きて、顔を洗った後も化粧水の代わりにフロムカラーをつけています。
S__24010784
ca4ced5cbd25b7d7370120035e81b5ac
7e64b3685d02a88601b9c6894a6218d3