日焼けの予防や日焼けのケアに使われるフロムカラーの成分

スキンケアのフロムカラーは、蚊に刺された時のケアに、日焼けの予防のケアに、
様々なケアのスキンケアとして注目されています。
植物エキスと酵素のフロムカラーのヒミツを解説します。

2種類の植物エキス

オウゴン

オウゴンはシソ科のコガネバナの根を乾燥したものから抽出しますが、フラボノイドのバイカリンが含まれ、
バイカリンは膵癌細胞に於いてはアポトーシス(細胞をバラバラにする細胞死)を誘導すると知られ、
小柴胡湯(ショウサイコトウ)という漢方薬はインターフェロンαとの併用で肝障害になると言われていますが、
オウゴンは外用で使うと、抗アレルギー作用や抗炎症作用・抗菌作用で、
アトピー・アレルギーの湿疹や痒みに有効な植物エキスです。

オウバク

オウバクは、ミカン科のキハダ属の落葉高木の樹皮から抽出したベルベリンでアルカロイドの一種です。
オウバクの作用は、抗菌作用・抗炎症作用・中枢抑制・血圧降下作用が有ります。
オウバクを水で練って使うと、打ち身や捻挫に効果が有る事から、昔から使われて来た植物エキスです。
又、オウバクは副腎皮質ホルモンのコルチゾールを低下させる作用が有ります。

塩化リゾチーム

塩化リゾチームは卵の卵白から抽出した溶菌作用の有る酵素で、グルコサミノグルカンを分解する作用から、
気管支炎や風邪薬に使われています。(抗菌作用)
又、食品の日持ちを向上させるところから食品添加物にも使われています。


オウゴンとオウバクと塩化リゾチームのフロムカラーは、
抗炎症作用・抗アレルギー作用・抗菌作用で、アトピーやアレルギーのケアに適していますが、
虫刺され・痒み・日焼けに対しての作用は分かりやすく説明出来ませんが、
多くの使用者の体験からのデータで、日焼けのケアとして奨励しています。